【はめふら】第3話感想 破滅フラグ回避した!ヨシ!←嫌な予感がする

第3話「麗しの美形兄妹と出会ってしまった…」

貴族令嬢なのに食べ方が汚いのほんと笑う

ケーキを食べているカタリナ
画像引用元:BS11/4月19日放送「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」
© 山口悟・一迅社/はめふら製作委員会

ジオルドとアラン主催のお茶会に呼ばれたカタリナたち。
ケーキを食べてばかりで幸せそうな彼女ですが相変わらず食べ方が汚い模様。

カタリナ「それにしてもどれもこれも美味しい〜

母親が見たらキレそう

今回は手掴みではなく皿が用意されていますね。
食べまくったせいでまたトイレに行きたくなっていたのは笑いました。

弟キースは特に何も注意していませんでしたが心の中では呆れていそうです。

カタリナの身のこなしは忍者なみ

木の上に登ったカタリナ
画像引用元:BS11/4月19日放送「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」
© 山口悟・一迅社/はめふら製作委員会

お手洗いの道中に犬に追いかけ回されたカタリナが逃げ先に選んだのは木の上。

まるで忍者みたい

しかも中々の高さがある上に登るのが難しそうです。
アクションアニメを見ているのかと錯覚しました。

逃げた後にお手洗いのことを呟いていたのでまだ行ってなかったのかもしれません。
この後ソフィアのいじめに遭遇したので我慢しなければならないと言う二重苦。

このままだと木の上から汚い雨が降りそう

上の口か下の口かはともかくよく漏らさなかったものです。

上から目線の同情をする大人の貴族たち

ニコル
画像引用元:BS11/4月19日放送「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」
© 山口悟・一迅社/はめふら製作委員会

ソフィアの兄ニコルの容姿に感心する周囲の大人貴族たち。

モブ貴族「ニコル様は妹様のことでご苦労を

モブ貴族2「ご兄弟のことで色々言われてお可哀想に

貴族たちの会話が聞こえていたのか拳を握るニコル。
特に口に出して怒ることはなかったのですが不愉快だったんだと思います。

上から目線の表現が腹立つ

私ならその場で帰っていました。
”お”までつけられたらブチ切れてもおかしくないです。

あっちゃんは大技森を乙女ゲームで使うつもりだったの?

攻略本を持っているあっちゃん
画像引用元:BS11/4月19日放送「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」
© 山口悟・一迅社/はめふら製作委員会

ニコルが第4の破滅フラグだと気付いたカタリナ。

カタリナ「前世でニコルルートはプレイしていません。知っていることといえばオタク友達のあっちゃんから聞きかじった情報だけです

あっちゃん「ニコルってかなりシスコンだからライバルキャラは妹でね。まず妹から攻略しなきゃいけなくて

乙女ゲームのはずなのに妹から攻略とはこれ如何に…。

私は乙女ゲームをプレイしたことがないので分かりませんが百合ルートがあるのかもしれません。
それか好感度のパラーメーターが各キャラにあるとか。

その攻略本絶対に乙女ゲームとは関係ない

あっちゃんが持っている”完全攻略本大技森”は完全に大技林のパロディですね。
懐かしすぎてニヤリとしてしまいました。

今は攻略サイトの普及や趣味の多様化が原因でこのような攻略本は絶滅危惧種ですが、昔は裏技関係の本が書店に並んでいました。

ソフィアが中傷されている理由

うつむくソフィア
画像引用元:BS11/4月19日放送「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」
© 山口悟・一迅社/はめふら製作委員会

見た目が気味悪くないかとカタリナに問うソフィア。

ソフィア「この老人のように白い髪に血のように赤い瞳。気味が悪い呪われた子だと皆が言います

一方通行かな?

彼女は一方通行ではない(無言の腹パン)

白髪に赤い瞳という組み合わせのキャラって中々見かけないですよね。
枝毛が沢山あってボロボロならまだしも手入れされている白い髪の毛なら綺麗だと思います。

中傷される理由は功績や家への妬みとニコルが説明していました。
調べてみるとアスカルト家は伯爵で高い地位というわけでもなければ低い地位というわけでもないようです。

それが原因でどうすることが出来ないのかもしれません。

カタリナの言葉選びセンスが素晴らしい

ソフィアの手を握るカタリナ
画像引用元:BS11/4月19日放送「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」
© 山口悟・一迅社/はめふら製作委員会

触りたくなる気持ちも少し分かります。
控えめに言ってクンカクンカしてスーハースーハーしたいです!

カタリナ「私は綺麗だと思うけど

ソフィア「えっ

率直に笑顔で言われたらどんな強固な砦でも堕ちるのは時間の問題です。

カタリナ「私はソフィア様の絹のような白い髪もルビーみたいにキラキラした赤い瞳もとっても綺麗だと思います。また遊びに来て頂けると嬉しいです。そして…良ければ私のお友達になってくださいませんか?

タラシかな?

友達以上の関係に発展しそう

ソフィアは泣きながら返答していました。
よくもここまでの口説き文句をスラスラと言えますね…。

リアルでも恥ずかしがらずにカタリナのような語彙力を発揮出来る人がモテるのかもしれません。

一緒に本を読んでいるカタリナとソフィアが可愛くてたまらない

カタリナと一緒に本を読むソフィア
画像引用元:BS11/4月19日放送「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」
© 山口悟・一迅社/はめふら製作委員会

カタリナと友達になることが出来たソフィアは本という共通の趣味があるというのも手伝ってどんどん仲良くなっていきました。

まるで親友みたい

容姿のせいでぼっちだったソフィアにやっと出来た友達。
ニコルはいつも無表情ですがこの光景を見ている時はきっと嬉しかったと思います。

カタリナ「(ソフィアならきっと前世の世界でも一緒に漫画を読んだりアニメを見たり乙女ゲームもしてくれそうな気がする)

本を部屋に忘れたシーンであっちゃんとの思い出と重ねたことが切なかったです。
(VR世界ならまだしもここは現実世界なので彼女に会うことは叶いません)

時間は一気に飛んで15歳になったカタリナが登場

カタリナの手を取るジオルド
画像引用元:BS11/4月19日放送「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」
© 山口悟・一迅社/はめふら製作委員会

物語はここで一気に飛んでカタリナは15歳になりました。

ジオルド「カタリナ、お誕生日おめでとうございます。とても綺麗ですよ

おまだれ

面影は残っていますがイケボすぎてビビりました。

カタリナのスタイルすごい良い

もう1回言いますけどこれで15歳ですからね。
ドレス以外の彼女を見てみたいです。次話以降に期待ということで。

この後、カタリナの首元にキスしたことに怒ったキースが汚物の如く首元を拭いていたのが面白かったです。

破滅フラグ回避のための行動が逆効果になってない?

カタリナの周囲に集まるニコルとアランとジオルドとキースとソフィアとメアリ
画像引用元:BS11/4月19日放送「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」
© 山口悟・一迅社/はめふら製作委員会

たらし能力はまだまだ発揮しているようで鈍感?なのも相変わらずの模様。

カタリナ「願わくば破滅を迎えることなく皆とずっと一緒にいられますように

むしろ地雷がすごいことになってそう

破滅フラグを心配していましたがこの様子だとカタリナに好意が集中してますね。
メアリとの友情がどうなるのか心配になります。

そしてEDへ。
展開が少し早いような気がしないでもないですが今回で3話なのでテンポは悪くはなさそうです。

全体的な感想

コメントはこちらから